お湯をつくりながら発電する
電気がつくれる給湯器

家庭用燃料電池「エネファーム」は、LPガスから取り出した「水素」と、空気中の「酸素」を化学反応させて「電気」をつくり、さらに、発電時に発生する熱を活かして「お湯」をつくるコージェネレーションシステムです。「電気」と「お湯」を同じ場所で効率良くつくるため、エネルギーロスが少なく、光熱費を抑えられるだけでなく、CO2の削減にも貢献しています。

エネファームのしくみ

燃料電池ユニットでは、LPガスから「水素」を取り出し「酸素」と反応させて電気をつくります。「発電」のときに発生する「熱」を回収して「お湯」をつくります。
貯湯ユニットには、つくった「お湯」がストックされ、必要に応じて供給されます。お湯が足りなくなったら、バックアップ給湯器を作動させ補充します。

発電のしくみ

水を電気分解すると「酸素」と「水素」ができることは知られていますが、燃料電池は、その逆の化学反応で「電気」と「水」をつくります。発電時に生成された「水」は、LPガスから水素を取り出す時に再利用されます。

エネルギーをムダなく利用できます。

エネファームは自家発電なので、送電ロスはありません。さらに発生した熱も給湯に活用できて一石二鳥。限りある資源を有効に使えます。

HHV(高位発熱量)基準により算出
出展:エネルギー使用の合理化に関する法律

クリーンな発電でCO2を削減します。

水素と酸素を反応させて発電するため、酸性雨の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物質をほとんど発生しません。エネルギー効率が高いため、従来エネルギーシステムに比べ、CO2の排出量を年間で約1.5t削減できます。

CO2換算値=電力:0.62kg-CO2/kWh
出展:中央環境審議会地球環境部会目標達成シナリオ小委員会中間とりまとめ(H13.7)
LPG:0.0587kg-CO2/MJ
出展:環境省林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策(H.14)」
出展:当社が実施した定置用燃料電池大規模実証事業データによる

レモンエコパワーのマイホーム発電

  • エネファームはこちら
  • 太陽光発電はこちら
  • ダブル発電はこちら